fc2ブログ
2024/02/16

町の 病院 


雪の少ない 2月。
昔なら、屋根の雪下ろし 3回目ぐらいの時期。
朝起きて 玄関先を見ると
朽ちた 銀杏の落ち葉が 一面に。
雪は 溶けた様子。
まるで、雪解けが始まった 春先みたいだ。

体調を案じてくれた 若い知り合いの子が
手作りパンを 届けてくれた。

KIMG1259.jpg


たまには メシも作らにゃ 

IMG_2501.jpg

病院へ 行ってきた。
今日は薬だけなんで、町の病院。
二度、患者さんに声をかけられた。
いつもながら、周りに興味の無いオラは
なかなか 知り合いに気づけない。
しょっちゅう骨折する 細いおばさんに逢った。
無理するとね・・・すぐ ヒビが入るとか・・・。

二人目の人は、オラの名前を呼んだ後
「こうすりゃ わかる?」と マスクを外した。
前歯が 2本無かった。
オラも 「お久し振りです」・・・と笑いながら

結局、誰か わからなかった。



にほんブログ村